Glossyー東京大学での軌跡ー

大学生活を通じて色々成長したい凡人東大生による素朴なブログ

東大日本史のオススメ参考書

 

 

f:id:glossyon:20190515091202j:image

 

 

こんにちは〜、オンです。

 

 

今回は直前の学研東大教室のテストゼミで全国一位を取るなど、世界史に並び受験期に得意意識を持っていた日本史のオススメ参考書を紹介していきたいと思います。

 

 

 

〇野島先生の教材 (受験期)

 

僕が東大日本史で使っていたのは実質的にこれだけです。

 

セットとしては、

・詳説日本史ガイドブック (市販)

・野島の日本史東大教室 (LIVE授業)

・実戦ユニット 東大日本史 (映像授業)

【目次➋】東大日本史(予想問題編 201807) | 日本史野島博之 のグラサン日記 (無料)

・教科書が変わる時、入試も変わる (市販・電子書籍)

・東進 東大日本史問題演習 (市販)

辺りを自分のニーズに合わせて集めればいいでしょう。教材ごとに内容の重複がかなり見られるのでそこは取捨選択です。

 

日本史は同先生に頼りきりでした。活用法ですが、教材の記述は殆ど全部背景・因果を理解した上で丸暗記したり、東大教室のテキストに過去問約40年分が載ってたのでそれを何度も何度も周回したり。

とにかく東大日本史対策のトップを走る人だと思うので、利用できる環境にある人は積極的に利用することを勧めます。

 

 

 

〇詳説日本史・新日本史 (受験期)

 

一応買って重要そうな記述を覚えましたが正直不要でした。詳説日本史は情報が細かい上に多すぎだし東大日本史で問われる所が全然書いてない、新日本史は深いと聞いた割には本質避けた記述だし浅いという感想です。

ただ、普通に使えるというか、メインに据えていい教材だとは思います。僕のこの感想は野島セットを全部やった上のものですので。

 

 

 

〇センター日本史の過去問・参考書 (現役・浪人のセンター直前)

 

大日本史選択者はセンター日本史で苦労します、笑。知識は断然東大日本史より細かく、特に江戸とか近代の文化史は発狂するレベルで細かいです。

もうこれは覚えるしかないんで、12月中旬辺りから地道に暗記しましょう。この時に詳説日本史は割と細かい気がしたので、僕はガイドブックとZ会のセンター日本史の参考書を併用してました。

その後はセンター日本史の過去問をとりあえず赤本に載ってる分は全部解くといいと思います。

僕が受けた2019年はたまたま凄い簡単で満点取れたのですが、来年は多分難しくなると思うので気合い入れて(でも入れ過ぎずに)対策しましょう。

 

 

東大日本史/解法の研究(受験期)

 

東大の日本史25ヵ年の著者のサイトです。赤本は25年ですがこっちは40年以上です。その上無料。なので日本史は25ヵ年買う必要ないしこっちをやりましょう。紙媒体で欲しいなら印刷しましょう。

 

僕は野島先生の過去問で納得いかないところを別バージョンを見て考えたり、野島先生が必須ポイントとか本質とか言ってた部分をこっちが取りこぼしてないかチェックしたりしてました、笑。

 

 

 

 

僕の東大日本史のオススメ参考書はこれだけです。

 

 

後は国語と数学ですが、数学は9点の僕のを参考にしたいという人は皆無だと思うので、友人の数強に聞いてみたいと思います。

 

それではまた!

 

東大生ブログランキング

 

 

投票よろしく!

質問・相談・ブログネタはpeingの質問箱とTwitterのDMで受け付け中です!

Twitterは@Glossyon_utokyoです!フォローよろしく!