Glossyー東京大学での軌跡ー

凡人東大生による素朴なブログ

東大世界史のオススメ参考書

 

f:id:glossyon:20190512093209j:image

 

 

こんにちは〜、オンです。今回は東大模試で全国一位を取るなど、僕が受験期に一番得意意識を持っていた世界史のオススメ参考書です!予備校のテキストとかも含めてます。

 

 

早速紹介していきましょう。括弧内は使用時期を書いています。

 

 

 

〇詳説世界史(高2秋〜浪人直前)

 

僕の相棒です。教科書は東大世界史で合格水準の得点を取るには必須だと思います。僕は山川出版の詳説世界史をメインに使ってました。理由として、大きさ・厚さが程よく電車内や寝っ転がりながらとかでも読みやすいし周回しやすい、記述が簡潔だし東大世界史に必要な内容をある程度網羅している、周りがみんな使ってたから、などが挙げられます。気軽に読みやすいというのは東京書籍みたいな割と大きめな教科書と比べて大きな強みだと思いますね。後は変にマニアックな内容が無い所もGoodです。

 

僕はこの教科書の黙読を文転を決めた高2秋から開始し、浪人直前まで黙読のみを繰り返して記述を殆ど全て理解した上で丸暗記しました。右も左も分からない最初から取り敢えずわかるところだけ拾ってこう、覚えられるところだけ覚えていこうと軽い気持ちで周回したのが良かったのかな。最初は2週間で1周とか、最終的には4日で無理なく(他科目とのバランスよく)1周読んでました。こんな勉強をしてたので僕は地歴の勉強において通史が終わらないとかいうのは意味わかんないです。1回で覚えられる訳ないし、教科書の後ろの方を先送りにすると把握している内容に差がつくのではないかと思ってました。

 

メインの教材の記述をアウトプット可能な形で丸暗記して、それをベースに論述問題を解くってのが基本だと僕は思いますね。

 

 

 

帝国書院 世界史B(高3秋〜浪人直前)

 

第2の教科書です。荒巻先生に教科書は複数持てと言われたので通販で買いました。流石に山川の詳説世界史の内容だけで高得点を取るのは難しいと思います。帝国書院は薄い割に山川に載ってないような記述、特に各時代の概観のスケールの大きい記述と、本文の注釈として書かれる背景などが充実しています。僕が実力者だと認める河合本郷の坂本先生が授業中に言ってることが割とここに書いてあったりするので、予備校に通えない受験生はこれを読んでみたらどうでしょうか?

 

 

 

河合塾の論述編テキストの基本論述集(浪人期秋〜直前)

 

現役生はごめんなさい。これは浪人生、しかも河合生向けです。講義編のテキストを見て河合のテキストってクソだなと思ったのでこれも授業中に出される課題以外は放置してたのですが、論述編テキストの各章の最初に載ってる基本論述集みたいな名前の中小論述集は実戦に耐えうるというか普通に使えるものでした。浪人期の秋の東大模試を受けた後に初めて本格的にこれをみたのですが、駿台の方が殆どここの記述から出てたのでこれ暗記しとけば後5点は取れたなと悔やんだことを覚えています。そこからは普通に全部丸暗記しました。暗記用としては世界史論述研究帳newの基本60字より大分オススメです。というか基本60字は覚えるものではなくて、背景とか原則を頭に入れるものだと思ってます。

 

普通に充実してますが流石に教科書の代用となるほど網羅性は良くないのであくまでサブテキストとして活用していきましょう。

 

 

 

〇マンガ世界の偉人伝・マンガ世界の歴史(幼少期〜高2秋)

 

マンガですがこれは案外重要だと思います。中学で大体の流れや主要人物は教わる日本史と比べ世界史は殆ど未知な状態から入ると思います。そのため、初めの方は教科書とか読んだり授業とか受けても雰囲気や概観がわからないと思うので、その導入としてマンガはオススメです。僕は小さい頃は世界の偉人みたいなマンガを読むのが好きだったのでそれで割とマニアックな人物、例えばスパルタクスとかまで何となくどういう人なのか知ってました。マンガ世界の歴史は高校生の時に自分で買いました。集英社の文庫版が安いし軽いしオススメです。

 

 

〇世界史論述研究帳new(高3秋)

 

僕は好きではないです。ただ、予備校に通えない人が論述をどうやって書くのかというのを身につける際に取れる選択肢がこれくらいでは無いかなと思います。有名なのでレビューは他の人に任せます。

 

 

〇坂本先生のプリント・講習テキスト(浪人期)

 

河合本郷の坂本先生の授業は取って損は無いです。特に各種講習のテキストは良質な予想問題が配布され、今年の大論はそこから丸々一つ当たりました!授業では教科書の記述の行間や背景・スケールの大きな所を説明してくれるので有用だと思います。

 

 

京都大学一橋大学の世界史過去問(未使用)

 

敢えて東大の過去問より先にこちらを紹介しておきます。2018年の女性史の問題は一橋大学・2019年のオスマン帝国の問題は京都大学の過去問をそれぞれベースとしています。今後このような傾向が続くかも知れないので、東大の直近の過去問を解くよりもこちらを優先した方が良いかもしれません。ただ、特に一橋はマニアックな内容が多いので、ちゃんと解くのではなく問題のテーマについて関連知識を整理するとかがベターでしょうか。僕は一橋の世界史はあんま解ける気がしないです....。京大の問題は坂本先生が授業中に解説してたので今年の本番はよく出来たはず(今年のオスマンは授業中の京大の問題解説と予想問題の二つでカバーしました)。

 

 

〇東大の過去問・東大模試の過去問(高3夏〜浪人期)

 

言われなくても皆やるでしょう。ただ、僕は東大の過去問は結局あまり解いてないです。日本史は40年分を何周もしたのですが、世界史は精々20年分くらいを一、二周です。これに特別な理由は無く、ただ世界史の過去問を解説するいい教材があまり無かったからというのと、過去問の記述を覚えるくらいなら教科書丸暗記するわと思ってたからです。

過去問は記述を覚える前にちゃんと一度解きましょうね。受かりたいなら本番形式での演習の大切さを2/26に思い知るみたいな現役時の僕みたいにはならないで下さい。

 

日本史の東大模試の過去問など露ほども参考にする必要は無いのですが、世界史の方は知識を入れるにはそれなりに有用でないとも限らないです。僕は第2問と第3問を友達に借りて駿台・河合・代ゼミを全部やりました。第1問も第2問対策としては割と有用だと思います、笑。ただ、駿台のは解説に出てくる知識がマニアック過ぎる場合が多いので、そこは適当に取捨選択しましょう。

 

 

 

今回はこんな感じで!

 

東大生ブログランキング

 

投票よろしく!

質問・相談・ブログネタはpeingの質問箱とTwitterのDMで受け付け中です!

Twitterは@Glossyon_utokyoです!フォローよろしく!